海外

キャッシングを利用の注意

あの時ああすればよかった…あの時ああしなければよかった…と後悔をすることはたくさんあります。
いざ後悔するときになってから、あの時後悔しておけばよかった、と後悔するのです。
そうやって人を苦しめる要因の一つが、「借金」です。

借金をしてしまうと、どうしてもお金のことしか考えられなくなり、論理的な考え方ができなくなってしまいます。
結果、お金を返すためにまた新たなお金を借り…という自転車操業状態を招いてしまうことがあるのです。
実際、この「借金」が原因で自殺をしている人がいることは、目を背けられることではありません。

注意すべき点として、これが何も、いわゆる「闇金」のような借金に限ったことではないということです。
注意しなければならない一つの原因が、「キャッシング」です。
キャッシングそのものはとても便利なもので、お金が必要となった時にすぐ手に入れることができますし、インターネットでの申し込み、融資も行うことができます。

そこに、危険が潜んでいます。
それが、「銀行のATM感覚で使ってしまう」ことです。
この危険性がお分かりでしょう。
知らぬ間に借金が膨らみ、気づいたときには多重債務者になってしまう危険性です。
キャッシングも「借金」であることを覚えておきましょう。