海外

キャッシングの融資

現代は技術やネットワークの発展により、便利な世の中になりました。
一昔前は専用ATMまで足を運ばなければいけなかったキャッシングサービスも、今ではオンライン上で申し込むことができるようになっています。
インターネットでキャッシングを申し込む際は、以下の情報が必要になります。

まずは、氏名・年齢・住所・電話番号…こちらは当然ですね。
もし親元に居住している場合は親元の住所、一人暮らし等の場合はその住所を入力します。

それに、勤務先、年収の登録が必要になります。
勤務先や年収の情報は、融資審査を行う上で大切な情報になりますので、虚偽記載なく正確に入力します。
もし、限度額を少しでも上げようと、虚偽記載を行った場合はサービスの停止、また罰せられる可能性があります。
嘘偽りなく記入しましょう。

また、収入証明書が必要な場合があります。
収入証明書とはその名の通り自分の収入の有無や金額を証明するためのもので、基本的には役場で受け取れますが、源泉徴収書や給与明細で代用できる場合もあります。

これらの情報をもとに、融資の審査を行いますが、必要なのは上記の情報だけでなく、「信用情報」も含まれます。
過去に支払いの遅延、滞納がある場合、キャッシングの審査に響くことがあります。